ベトナムでの就職ってどうなの?

ベトナムでの就職ってどうなの?ベトナムでの就職に必要な準備とは

最近海外での仕事、就職に興味を持つ人が増えていますね。一口に海外とはいっても数多くの選択肢があるかと思いますが、まだまだメジャーではないものの確実に注目度が上がっている国の1つにベトナムがあります。ベトナムの就職求人は旅行でもお世話になったベトナム生活・観光情報ナビにたくさんあります。

では、実際に就職の準備としてどのようなステップを踏む必要があるのでしょうか。

まず一番にしなければいけないことは、情報収集です。当たり前といえば当たり前なのですが、意外とおろそかにしがちなポイントなのです。

この場合の情報収集とは就職できそうな会社を探す、という種類の情報収集ではなく、その国自体について、あるいはその国で生活する人種そのものについて知るという意味での情報収集です。果たして自分が新しい環境でやっていけるのか、気候、食べ物、人柄、言語、文化、そうした様々な分野の情報収集が必要になってきます。

そうした情報収集をして、自分に合う、あるいは挑戦してみたい、そう思ったならば、次のステップは実際に現地に赴いてみることです。まさに「一見は百聞は一見に如かず」、現地の匂いをかぎ、気になる会社の雰囲気をのぞき、現地の人と接して果たして移住が現実的かどうかを確認するのも大切な準備の1つですよ。

注意したいポイント

とはいえ、準備段階で注意したいポイントがあります。それは、外国人として海外で生活、仕事するリスクや起き得る問題を考慮に入れて行動する、ということです。

海外での仕事や生活といえば夢や希望が先にたち、危険やネガティブなポイントは軽視しがちになりますよね。特に発展途上国での生活では日本人は犯罪の標的になりやすく、仕事のパートナー選びや契約する相手との交渉なども常に慎重な決定が求められるものです。

さらに、仕事だけではなく現地で生活する以上、日本のような先進国での便利で快適な生活ができる保証はありません。

海外での就職はこうした現実的な見方で考慮し、勢いや焦りで早急に決めてしまわないように注意が必要です。

名古屋でアパート経営しています

アパート経営の楽しさ

名古屋でアパート経営しています今日は、最近ベトナム以上にはまっている、名古屋でのアパート経営についてご紹介します。

そもそもアパート経営なんて夢だったのです!たまたま知り合いが中古アパートの物件を見つけてくれて、購入することになったんです。以前からアパート経営に興味は持っていたので、これはチャンスと思って取り組みました。
もちろんお金はかかりますけど、住宅ローンを申し込んで借りることが出来ました。中古なので、ある程度のリフォームも必要になります。まあ、物件が安かったのでリフォーム分も合わせて借りることにしました。
銀行には、今後のアパート経営の計画や、詳細なんかをきちんと話しておくと、借りる時は優遇してくれましたね。やっぱり計画性が大事なんですね。アパート経営をするという楽しみがジワーと湧いてきた瞬間ですよ。
あ る意味経営者になるわけですから、嬉しさもひとしおです。サラリーマン収入だけでは、将来不安になることもあります。別途家賃収入があることは心強いもの です。もちろん家賃などをいくらにするのか、不動産会社と相談しましょう。入居者が居なければ、収入になりません。ここは大事なところです。それに管理面 はある程度、不動産会社に任せるようにしましょう。

アパート経営の場所は名古屋です

そうそう、アパート経営の物件場所は名古屋なんです。東京、大阪に次いで都市圏の名古屋です。名古屋という場所は楽しいところですよ。どちらかと言えば、大阪に近いかなー。人間性や性格などの話です。
名古屋は独自の文化を持っている場所ですね。戦国時代はまさに大物が輩出しただけあって、多くの文化を取り入れて発展してきたのです。それだけに名古屋人気質を理解してアパート経営もしているんです。
派 手好きで見栄っ張り、なのに倹約家な部分もあります。まあお金の使い道を良く知っているのでしょうね。近くに喫茶店がある場所なので、これはラッキーなこ とでした。名古屋って喫茶店文化なんです。モーニングサービスもこれまた凄いものです。そんな人々が暮らすアパート経営は楽しいものですよ。

ベトナム・ホーチミンで中華料理を食べる

ベトナムの中華料理事情

ベトナム・ホーチミンで中華料理を食べるベトナムといえばベトナム料理ですが、実はベトナムは中華料理も美味しいんです。私もベトナム旅行ではじめて知りました。

ベトナムで中華料理と聞くと、何か海外で日本料理を食べるみたいな変な印象を持ちますが、実はそんなに意外なものでもないのです。ベトナムは昔から様々な 文化の影響を受けてきた土地であり、中でも中国文化の影響を色濃く受けているため、中華料理との親和性も高いのです。中国文化の中でも、広東省や福建省の 食文化に近く、中国南部と同じ米文化です。例えば粥や春巻きと言った食べ物は数あるベトナム料理の中でも、特に中華料理に似た面を持つ食べ物と言えるで しょう。メインの食べ物だけでなく、軽食やデザートなどにも似たような傾向が多く見られます。しかし、中華料理とも違った面があり、特に米で作った皮で包 んだ揚げていない生春巻等は日本でも有名です。食べるものだけでなく、料理の調理法にも中国文化と似たような傾向が見られ、他にも日本料理に近い手法等も あります。そのような由来からかベトナム、特にホーチミン市には中華料理のお店がたくさんあります。

ベトナムで中華料理を食べたい

ベトナムで中華料理を食べたいと思ったら、ベトナムの中でもホーチミンが良いといえるでしょう。ホーチミン市はベトナムの中心であり、それだけでなく東南 アジアでも有数の世界都市であり、世界中から多数の観光客や企業が集まる経済都市なのです。そのような環境から、様々な人種のニーズに答えるべくメインで あるベトナム料理の店をはじめとした多数の料理店が存在しています。中でも、先に挙げたベトナム料理、かつてフランスの統治領であった事から由来するフラ ンス料理、食文化の類似から日本料理などのお店が人気と言えます。そして、そういった各国の料理を扱う店の中でも中華料理の店は高い人気を持っています。 日本よりも更に近い食文化に加えて、国も近い事から在住する華人等による本格的な中華料理のお店も多いためです。また、ベトナム料理には中華料理に近い面 が数多くあり、そのような近似性も中華料理店の多さの理由の一端と言えるでしょう。ベトナムで中華料理を食べるなら、各国の料理店が集まる中で磨かれた店 が多くあるホーチミンが最も良いでしょう。